アインシュタイン,名言

【アインシュタイン】覚えておきたい心に響く「10の名言」

1955年4月18日76歳でこの世を旅立った、天才・アルベルト・アインシュタインの名言をまとめました。

数多くの名言を残しているアインシュタインですが、本記事では厳選した10の名言を紹介します。

アインシュタインの言葉には、仕事や勉強など努力している人間のモチベーションを高めてくれるパワーがあります。

いま、一生懸命何かに取り組んでいる方は、ぜひ読んでみてください。

【アインシュタイン】これだけは覚えておきたい「10の名言」

01.
想像力が全てだ。想像力は人生を魅力あるものにする。

運営者
想像があるからこそ、ものが生まれます。人間に想像力がなかったらここまで発展しなかったでしょう。iPhoneだってスティーブ・ジョブズが考え抜いたからこそ、ここまで普及しているのです

02.
困難の中に機会がある。

運営者
困難に立ち向かったアインシュタインだからこそ、重みを感じるひとこと。困難や問題が訪れたら、全力でチャレンジすることが大切かも知れません

03.
大切なのは、疑問を持ち続けることだ。好奇心はそれ自体に存在の意義がある。

運営者
アインシュタインは教え子に同じ問題に対して別の答えを求めたと聞きます。同じ問でも、常に疑問を持ち「別の解答がないか」を探すことが大切ではないでしょうか

04.
他人のために尽くす人生こそ、価値ある人生だ。

運営者
他人を考えながら仕事をすれば、素晴らしい結果が訪れることをアインシュタインは気がついていたかもしれませんね

05.
無限なものはふたつある、宇宙と人間の愚かさ。

運営者
アインシュタインは皮肉のセンスもピカイチ

06.
失敗をしたことのない人間は、挑戦をしたことのない人間である。

運営者
失敗が経験になることを1番理解していたと思われます。アインシュタインは天才といえど、数々の失敗を乗り越えて奇跡の発明をしています。天才でも失敗はするのです

07.
神はいつでも公平に機会を与えてくれる。

運営者
チャンスをものにするために、研鑽を積まなければなりません

08.
人の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。

運営者
なぜアインシュタインは偉大なのか?相対性理論など、後世に語りづがれている発明をしたからです

09.
過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである。

運営者
仕事でも勉強でも、「なぜ?」を常に意識したい。何も疑問を持たない人間は成長しない

10.
自分の目で見て、自分の心で感じる人間は少ない。

運営者
情報化社会だからこそこのコトバが響きます。我々はネットやメディアで左右されすぎています

アインシュタインのプロフィール

生誕1879年3月14日
死没1955年4月18日(76歳)
主な功績一般相対性理論
特殊相対性理論

ドイツ生まれの理論物理学者。1905年に特殊相対性理論を提唱し、1921年には光電効果の解明によりノーベル物理学賞を受賞しています。

プライベートでは2度の結婚を経験し、2人の息子と1人の娘に恵まれました。実は日本と接点があることもわかっています。

1912年、東北帝国大学(現:東北大学)初代総長の澤柳政太郎が、ドイツ・ベルリンに留学中の石原純を通じて招聘できないか打診。

また、ノーベル物理学賞を受賞した1921年、音楽教育家の鈴木鎮一から日本のことを知るきっかけになったそうです。

もし、アインシュタインが東北大学に来ていたら...日本は違う国になっていたかもしれませんね。

-偉人
-,